目元を立体的に見せるアイメイクテク

くっきりはっきりとした大きな目を作るテイクは、今やメイクの基本。
立体的な目元を作る、3Dメイクとも呼ばれるテクはどのような所にポイントがあるのでしょう。

まずはアイメイクの中心、アイライン。アイラインを太く引いて黒目を強調する、という方法もありましたが、
立体メイクの場合アイラインは細く引くのが正解。太いアイラインは二重の幅を消してしまうからです。
そしてシャドウのハイライト色をまぶたの真ん中に。こうする事でまぶたの丸みをより強調する事が出来ます。
下まぶたのラインは黒を使わず、茶色で。ペンシルで線をひいてぼかした後、茶のシャドウを下まぶたに乗せます。
流行りの涙袋を作ったら、目頭のくの字部分にハイライト色を乗せて完成です。

目元が変わると印象が変わる

異性を見る時に一番印象に残る場所はどこか、ですとか一番好きなパーツはどこか、とか
そう言った質問に一番多く上がるのが『目』では無いでしょうか。
よく表情が現れるパーツでもあります。メイクで一番力が入るのがアイメイクという方も多いでしょう。
そんな目立つパーツを、際立たせない手はありませんよね。

目を印象的にしたい場合、大事になるのはやはりまつげでしょう。
まつげの濃さや長さが変化するだけで、顔の印象はがらりと変化します。
最近は当たり前のアイテムになってきたつけまつ毛やマスカラ、エクステなど色々な方法があります。
自まつ毛の育毛方法も注目されています。自分に合った方法を模索してみるのが良いでしょう。

魅力的な目元が必要な理由

顔の印象は目元で決まると言われるほど、目元は重要になってきます。
また、目の動きなどにより、目元にはその人の感情がよくあらわれると言われます。

目元がいきいきすることで、美しく、表情が豊かに見え、
その人の印象アップにもつながります。
美しさを引き出すためにも魅力的な目元作りは、大切ではないでしょうか。

TOPPAGE  TOP