目を大きく見せるアイメイクテク

デカ目メイクのテクニックは色々な所で紹介されています。最初の印象をつけやすい部分だけに、メイクの力も
入りますよね。しかし、中には間違った力の入れ方をしている人も多数。大きく見せているつもりが、逆効果を
生んでいる事も少なくありません。突き詰めていくと色々ありはしますが、基本的なテクニックは三つ。『立体
感』を持たせること。『グラデーション』を活用する事、『目尻に幅を持たせる』事です。アイシャドーはマッ
トなものを選び、光の当たる膨らみの部分にハイライトを入れます。これだけで、立体感が出て彫りの深い顔立
ちに近づきます。そして、アイラインをいれた周辺を濃茶のペンシルでぼかしてみる。こうすると目に奥行が出
て、更に立体感が付きます。そして、つけまつ毛などの装備品は目尻を中心につける事。太いアイラインなども
目尻を意識して行うと。目の幅が広がり大きく見えるのです。

目元に奥行を与えるアイメイクテク

今、メイクの主流はいかにデカ目に見せるか。だと言ってもおかしくは無いでしょう。目を大きく見せる為にア
イラインやまつげにこだわりがちですが、実はアイシャドウも目の印象にとても大きな役割を果たしています。
アイシャドウは、目頭から目尻に向かってグラデーションを作って、目尻側を濃く塗ることで目元に奥行が発生
します。色は、締め色を使用しましょう。単純に伸ばすだけだと、奥行が感じられなくなってしまいます。そし
て下まぶたにもグラデーションを。ラインで入れるより、よりナチュラルにデカ目を作る事が出来ます。そして
デカ目メイクテクの定番、ハイライト。これもやりすぎるとギャルっぽくなってしまうのですが、グラデーショ
ンテクを取り入れる事で自然な奥行と光沢が出ます。

目元を立体的に見せるアイメイクテク

くっきりはっきりとした大きな目を作るテイクは、今やメイクの基本。
立体的な目元を作る、3Dメイクとも呼ばれるテクはどのような所にポイントがあるのでしょう。

まずはアイメイクの中心、アイライン。アイラインを太く引いて黒目を強調する、という方法もありましたが、
立体メイクの場合アイラインは細く引くのが正解。太いアイラインは二重の幅を消してしまうからです。
そしてシャドウのハイライト色をまぶたの真ん中に。こうする事でまぶたの丸みをより強調する事が出来ます。
下まぶたのラインは黒を使わず、茶色で。ペンシルで線をひいてぼかした後、茶のシャドウを下まぶたに乗せます。
流行りの涙袋を作ったら、目頭のくの字部分にハイライト色を乗せて完成です。
TOPPAGE  TOP